ホーム
 ・引越し料金の相場
 ・引越し会社を決めるポイント
 ・引越しトラブルQ&A

■引越しマニュアル★
 ・01お引越しスケジュール
 ┣1ヶ月前にやること
 ┣1〜2週間前にやること
 ┣前日にやること
 ┣当日にやること
 ┗引越し後にやること
 ・03荷造りのポイント
 ・04お掃除のポイント
 ・転出・転入の手続きのポイント
 ・車・バイクの手続きのポイント

■引越し手続きマニュアル
 ┣引越し前手続きチェックリスト
 ┣転出届
 ┣転出届(郵送による方法)
 ┣転出届(住民基本台帳カード)
 ┣郵便局への転居届
 ┗子供の転校(小・中・高)
 
■引越しマナー
 ・引越し挨拶のマナー
 ・引越し挨拶状(解説)
 ・引越し挨拶状(事例)

■引越し祝い
 ・栄転・昇進祝い編
 ・新築祝い編
 ・お世話になった方編
 ・結婚・進学・就職編

■引越しで必要な委任状
 ・転入届
 ・転出届
 ・転居届
 ・世帯合併・世帯分離
 ・世帯一部変更・世帯主変更届
 ・外国人登録原票記載事項証明
 ・印鑑登録/証亡失届/廃止
 ・自動車の登録移転/変更/抹消


引越は日本通運|えころじこんぽの引越しは単身もOK!引越しの見積りを受付中!
お客様に合わせた引越しを、引越のプロ・日本通運がご提案いたします。奥様・お財布・家財・地球にやさしい引越「えころじこんぽ」や、単身者に最適な引越し「単身パック」などサービス内容充実です。引越しの見積りは日本通運へ。

お引越し:引越しのことならなんでもおまかせください
単身からご家族の引越しまで、お引越しならクロネコヤマトへおまかせください。リーズナブルな料金と豊富なサービスをご用意いたしまいした。

引越しのお見積りなら、アート引越センター
ご家族、単身、海外、オフィスの引越し。お引越しはアート引越センターで。見積は無料、インターネットでの見積お申込みで引っ越し料金を特別割引にてご奉仕!

引越しのお見積なら引っ越し専業のサカイへ。サカイ引越センターではお引越しを安心して任せていただけるよう自社研修棟で研修を受けたスタッフがお伺い致します。引っ越し専業のサカイならお見積は無料です!!

引越し業者探し、引越しのことなら【アリさんマークの引越社】
引っ越しはアリさんマークの引越社へ!家族、単身、オフィスなどの住まい変更は、引越し業者の【引越社】にお任せください。

引越しならダック引越センター。単身は15000円からのお引っ越し!
引越しならダック引越センター。無料お見積もり24時間受付中!単身15000円から。引越し手続きなど、サポートサービスも充実。

引越しは0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し
お引越しや引越見積は引越業者のアーク引越センターにおまかせ。荷物を運んでほしいと思うお客様の心に、精一杯の真心で応えたい。あなたピッタリのお引越しが見つかる!!スタンダードコース,スマートコース,スペシャルコースの3つの基本コースをご紹介.

引越し業者の見積もり相場と目安・料金を下げる準備 

引越し料金の相場を簡単に知る方法があります。
ひとつ気をつけておかなければならないこと。それは、 引越し料金の相場の目安を知っておかないと、引っ越しで損をしてしまいます。 引越し料金の相場を知るには、ネットで一括見積もりをするのが、一番てっとりばやくて簡単です。 引越しにかかる費用を見積もってもらい、一番安い引っ越し業者へお願いすればよいわけです。簡単ですよね。
引越し業者の見積もり相場と目安です。引越し料金を下げるワザと引越しの準備について紹介しています。

引越し業者の引越し見積もりはこうして決まる
引越料金は、どの業者に、どんなサービスを求めるか、また、いつ引越をするかによって、かなり変わってきます。
引越費用には、基本料金、基本作業料それに荷作り作業員などの作業料などの実際にかかった費用、そしてハウスクリーニングやピアノの搬送、エアコンの取り付けや取り外しなどの付帯サービス料が加算されます。
引越し業者に見積もりを立ててもらう場合、引越しにかかる料金は、作業人数、車両の種別、運送区間、居住人数、部屋の間取り、引越し予定日、建物構造の問題、引越しにかかる時間や開始時間の指定があるかどうかなどで決まります。
引越費用の他に、新居に入居するには、アンテナの取り付けやエアコンの取り外しや取り付け、ピアノやオルガンなどの搬送などの費用が要りますが、別々の業者に依頼するのではなく、引越業者に頼む方が安上がりです。
大手の引越し業者に仕事を依頼する場合は、サービス重視で選ぶ人が多いようです。例えば、大手の引越し業者なら、ハウスクリーニングや、不用品の買取や回収などの見積もりも、引越しの見積もりと一緒に依頼出来ます。

引越し料金を下げるコツ
引越し業者に見積もりを依頼して、値段交渉をする場合は、引越しの時間を業者に任せたり、可能な限り引越し予定日を業者に合わせるなどすると、かなり見積もり金額が安価になります。引越の午後便を利用することも一つの方法です。引越は朝一番の便を希望する人が多いですが、費用的には午後便の方が安くなります。午前午後を指定しないでお願いすると良いでしょう。
何社かの引越し業者に見積もりをしてもらっている場合、上手に値段の交渉をするべきです。他者の見積もりも話しに上げるのもよいでしょう。また、引越料金を出来るだけ安く抑えたいなら、引越の見積もりまでに家の整理をして、不用品をすべて捨ててしまうと荷物が減って、引越料金が安くなります。
引越費用は、安ければ安いほど良いというわけではありません。安すぎて、トラックの大きさや家具などの搬入の設備が整っていない場合には、大切な家財に傷が付く場合もあります。また、人数は同じでも経験の少ないアルバイトが多いと、要領が悪く、不手際が起こる可能性も高くなります。
引越し業者は、日本で1000社以上ありますので、引越しの見積もりには、ネットの引越し一括見積もりを利用するとカンタンです。引越し一括見積もりサイトでは、現在の住所の郵便番号と引越し先の都道府県名、それに引越しの人数を記入するだけで、数ある引越し業者からその条件にあった引越し業者を厳選して見積もりをしてもらえます。
一社だけの見積もりでは、相場より高い引越し料金になるリスクが高いです。 引越し一括見積もりサイトを利用して、複数の会社で見積もりをとって検討することで、結果的に引越し料金を安く抑えることが可能になります。



激安引越し会社・格安単身引越し会社・引越し料金の相場・見積もり比較

引越しをするにしても、引越し料金がわからないと不安。あってなさそうな料金体系ですが、そのしくみってどうなっているのでしょうか。

引越し料金の構造


一律料金がないのなら、比較をしてみるのが一番! 引越し料金は以下のように構成されています。
【引越料金】=運送費+人件費+梱包費+保険料+オプション

・運送費はトラックの大きさ、トラックの台数、作業時間、輸送距離で算出されます。引越しに必要なトラックの大きさの目安としては、2LDKで4トントラック1台、3DK〜4LDKで4トンロング1台。もちろん荷物の量によって大幅に異なる場合があります。
・人件費は、人数によって決められます。目安として、3DK〜4LDKで3〜4人程度。費用としては、1人14,000円〜15,000円。(引越輸送に係る実費及び付帯サービス料金に関する実態調査結果 平成16年/全日本トラック協会)

とはいえ、これで料金の算出基準がすべてクリアになるというわけではありません。

お見積りは、おいくらでした?

では、実際に引越しされた方がお支払いされた料金を参考にしてみましょう。

■首都圏近郊30分以内への引越し(エアコンの取付け・取外し、ピアノ運搬などのオプションサービス料は除外しております)
・大人1名、荷物少なめ、8畳ワンルーム、休日→3万円
・大人1名&小人2名、荷物少なめ、2DK、休日→4万円 
・大人2名&小人2名、荷物ふつう、3LDK、平日→12万円
・大人1名、荷物多し(機器類あり)、1LDK、休日→約30万円※繁忙期
・大人2名&小人2名、荷物少なめ、休日→1万6千円※マンション内移動

■首都圏〜大阪への引越し
・大人2名、荷物少なめ、3DK、休日→18万円
・大人2名&小人1名、荷物多め(特に書籍)、3LDK、休日→30万円

※料金の値引き交渉をまったくしていないケース、繁忙期での引越しなどもあり、あくまでも一つの目安としてお考えください。諸々の条件によって料金が変動すると思われますので、ぜひご自身できちんとお見積りをお取りください。

相見積りは忘れずに!

たとえ同じ条件で見積りをしていただいても、料金が数万円も違う!といったことはよくあること。適正な料金を判断するためにも、どうしてこんなに違うのかを知るためにも相見積りを行ってみましょう。

見積りに記載される事項は、家財量、トラックトン数、作業員数など。それぞれに記載されている金額を比較して、その差額はどこから来ているものなのか、判断してみましょう。「明細書には細かい金額は記入されておらず、合計金額だけが書かれていた!」というケースもあるよう。トラブルが発生したときに困らないためにも、わからないことは、見積りの段階で明確にさせておくことが肝心です。

「引越し見積もり相場」は役に立たず-引越し金額はこうして抑える

引越しのたびに気になるのが、いったいいくらで引越しができるのかということです。急なタイミングで引越しを強いられたとしても、引越し慣れしている方は上手に支出を抑えています。引越しの見積もりの相場にこだわらず、ずっと使える引越し節約術をお伝えします。
「旧居から新居へ家財を運ぶだけですから、引越しに余計な費用をかけたくはありません。」
こう思っているようでしたら、当サイトはお役に立てそうです。ぜひ参考になさってください。
Q.『引越し』っていくら掛かるの?相場は?
引越しの見積もり相場は公開されていない

困ったことに、引越しの料金はなかなか分かりにくいものです。

引越しのサカイ、アート引越しセンター、アリさんマークの引越しセンターをはじめ、いろんな引越し業者のホームページを見ても、運賃表が掲載されていることはありませんし、書籍類を参考に、自分で金額を算出することすらできないのが引越しの見積もりです。

引越し業界では、絶えず激しい受注競争が行われていますので、各社ともに自社の料金体系を広く公表するわけにはいかないようです。

しかし、いざ引越しをしなければならない状況になると、気にならずにいられないのが引越しの見積もり相場。

そこで、引越し業者に支払った平均金額について、参考となるデータを集めてみました。

・(株)ネットマイルが実施した「引越しにかかった運送費用の調査」によると、11.3万円
・(株)電通リサーチによる「引越しに関するアンケート調査」では、13.5万円
・住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)の「消費実態調査」によれば、20.6万円
・国土交通省関東運輸局がまとめた「引越しのモデル運賃・料金」では、
家族の場合で10〜12万円、単身の場合で5〜6万円
・結婚情報誌ゼクシィ(リクルート発行)による「新生活準備調査」では、6.2万円

信頼できる調査結果ばかりなのですが、あまりにも漠然とした金額であるため、今ひとつ参考にならないと思われたのではないでしょうか。

引越しの金額は、季節、移動距離、荷物量、サービスなどの条件によって大きく異なってきます。

きちんとした見積もりを取得しない限り、分からないのが実際の引越し金額です。

引越し金額を抑えるには複数見積もりが必須


引越し費用を抑える方法の中で、高い効果を発揮するのが複数の引越し会社と料金交渉を行うことです。

当たり前のように聞こえるのですが、実行されている方が思いのほか少ないのが、複数見積もりの取得。

食料品やガソリンなどは1円でも安いところで購入するのにもかかわらず、多額な出費を要する引越しに関しては、ルーズな対応をされる方が多いようです。

引越しは料金が見えにくいサービスなだけに、しっかりと見積もりを比較・チェックして、引越し業者を選ばなければなりません。

住所や、家財の情報など、申込みフォームに必要情報の入力を一回するだけで、複数の引越し見積もりを入手することができる「引越し会社の一括見積もりサイト」はおすすめです。所要時間は5分もかかりません。

また、気のせいかもしれませんが、個人で見積もりを依頼するよりも、「引越し会社の一括見積もりサイト」経由で見積もり依頼する方が安くなると思えてなりません。

7年ほど前に自分で引越し業者を手配した際の費用よりも、3年ほど前に「引越し会社の一括見積もりサイト」経由で同一業者に依頼をした時の方が安かったからです。

引越し時期と移動距離はほとんど変わりがないにもかかわらず、最近行った引越しの方が荷物のボリュームはかなり増えていました。

「一括見積もりサイト」の運営企業が「引越し業者の超お得意様(お客様紹介者)」の立場にあることを考慮すると、「引越し会社一括見積もり」をあえて通したほうが、きっと消費者には有利なのでしょう。

すでに212万人もの方が利用者している便利なサイトです。

新感覚!一発入力で引越しの見積りが最大10社から届きます!!引越し価格ガイド

一括見積もりだけでは不十分。もう一手間が大事


「引越し会社の一括見積もりサイト」で複数の見積もりを取得した後には、ぜひ今住んでいる地域や、引越し先の地域にある引越し業者からも見積もりを取得するようにしてください。引越しの運送費用を抑えるための大切なポイントです。

運送費を下げる方法やコツについて言及している数多くのホームページでは、一括見積もりサイトの紹介だけで終わっていますが、これでは決して充分とは言えません。

なぜならば、地域に根ざした中小引越し業者の見積もりまではこのシステムでは入手することができないからです。今でも小さな引越し業者の大半はインターネットをビジネスに活用していません。

そんな地域を限定して営業しているような引越し業者(運輸会社が多い)の中には、安い料金で引越しを請け負ってくれるところもありますので、必ずアプローチしてみてください。

さて、一括見積もりで入手した最安値であった引越し見積もりと地域の運輸会社より提案を受けた金額とを比較して、どちらのほうが安かったのかについて言うと、これまでのところほぼ半々です。

面倒だからと手を抜いてしまい、どちらか一報の見積もりのみで済ませてしまっては、結果的に割高な引越し業者を利用してしまうことになりかねません。

両者の見積もり金額に数万円もの差が出ていたことも過去ありました。

それでも予算的に厳しかったら


さて、ここまで説明したステップをこなしていけば、確実に有利な引越し業者を見つけることができるはずですが、それでも、予算と照らし合わせた結果、もう少し安くならないのかと思われる方も少なからずいらっしゃると思います。

このような場合に、ぜひ試してほしいのが、引越し日程の再検討です。

手元にある見積もりの中で、安値を提示してくれた上位3社程度に、もっと安くできる日程があるかどうかを尋ねてみてください。

引越し希望日があるのでしたら候補日をいくつか挙げて再見積もりをお願いするのも良いでしょう。

同じ平日であってもトラックや作業スタッフの稼動状況により料金がぐんと安くなることがありますので、こうした日を狙って少しでもお得に引越できるようにしましょう。

とはいえ、諸事情により引越しの日程を動かすことができない方もいるかもしれません。

その場合には、お昼までに一仕事を終えたトラックが向かう午後便割引きサービスを活用されてみてはいかがでしょうか。新居への荷物搬入が夜になることもありますが、効率的にトラックを回せるなど、業者側メリットも大きいので、割引料金が期待できます。

最後になりますが、すでに引越しすることが決まっているのでしたら、1日でも早く引越業者とコンタクトを取るべきです。引越しの予定が半年先であったとしても、決して早すぎるということはありません。早期申込み割引を行っているお得な引越し業者もあります。

超簡単!無料一括見積り比較!引越し価格ガイド

あらかじめ複数の見積もりを準備しておくと、地域の引越し業者との金額交渉も有利に進められます。何事にも代えられないメリットではないでしょうか。

― 引越しのモデル料金 ―

引越業者からの見積もりを検討する際に、一番気になるのがその引越料金が高いのか安いのかといったことではないかと 思います。全く同じ荷物、条件での引越しなど有りえないので正確には他の引越しと比べることは不可能です。しかし 同じ引越しの見積もりを異なる引越業者に依頼すると、全く同じ料金の提示ということも有りえないことなので、少しでも 安く、というのが人情というものです。

全体的に平均するとどうなのかといった、おおよその目安としては一般にもいくつか資料が公開されています。 ここでは全国での取扱引越件数が最も多い関東運輸局の 資料を抜粋してみました。

モデル1
単身  1F→1F  1K〜1DK  輸送距離100Km程度
2t車1台  運転手1名  作業補助1名
50,000〜60,000円

モデル2
家族  1F→1F  2DK〜3DK  輸送距離100Km程度
4t車1台  運転手1名  作業補助2〜3名
100,000〜120,000円

以上の例には以下の条件が付与されています。
・大物類の荷造り、荷解き及び搬出、搬入は業者が行う。
・ダンボール箱10〜20枚をセット。
ピアノ運搬やエアコン脱着など付帯サービスについては全日本トラック協会の 公開資料から抜粋してみました。

ピアノ運搬料
最低  10,000円未満  最高  60,000円  最多  40,000〜45,000円
エアコン取り付け
最低  5,000円未満   最高  40,000円  最多  10,000〜15,000円
エアコン取外し
最低  5,000円未満   最高  25,000円  最多  5,000〜10,000円

この他代表的なものに不用品の処分がありますが、これは各地方自治体を利用するのが最も安く済むようです。清掃局などに 問い合わせると、粗大ゴミの回収方法や料金などについて教えてくれます。またリサイクル業者の利用や、引越業者によっては リサイクル品の引き取りなどをしているところもあるので、使用可能なものはそういった方法での処分が賢い選択かも しれません。

また家電リサイクル法の施行により、家電メーカーにも製品のリサイクルが義務づけられました。これは あらかじめ製品ごとに処分料が決められており、従来の粗大ゴミでは回収されない家電品を対象として います。製品の購入価格にリサイクル料金が含まれているものもあるので有効に利用しましょう。詳しく は家電リサイクルセンターを ご覧ください。

思っていたより高いと感じるでしょうか。安いと感じるでしょうか。上記料金はあくまで目安です。引越料金は様々な 諸条件によっても業者によっても変わってきます。もう少し具体的な数字を算出するには当サイト の引越料金計算機をお使いください。

引越し料金の目安
引越し料金の目安

引越し料金はいったいどれくらいが目安なの?と感じている方も多いかと思います。
引越し見積もり一括サービスを利用すれば、変な催促の電話も無く非常に簡単に引越し料金の
目安にはなりますが、ここでも私の引越し経験&同僚の引越し料金から大体の目安をまとめてみました。
(※あくまでも、目安です。時期、曜日、お住まいの条件、場所によっても料金は異なってきます。正確には見積もりをして確認することが重要です)

■単身の引越し料金
 
ケース1(近距離の場合):同一県内でその日の内に引越し完了
 
赤帽系    8,000円程度
引越し業者  20,000円程度 
僕の引越し2M3などのコンテナ 15,000円程度
自分でレンタカーで運ぶ場合    8,000円〜15,000円程度

荷物が少なく、1.5m以下の長さの物であれば赤帽シャトル便が安いです。
レンタカーで運ぶメリットは殆ど無いので、友達と共同で数件こなさないと苦労に見合う
旨みはないです。ただし、知り合いにトラックを持っている、1BOXワゴンを持っている
場合はレンタカー料金はいらないので、自分で運ぶと節約できますね。
ただし、自分で運ぶ場合ガソリン代がプラスされますので、この点はご注意を。


ケース2(中距離の場合):県外(隣県)でその日の内に引越し完了
赤帽系    15,000円程度
引越し業者  25,000円程度 
僕の引越し2M3などのコンテナ 15,000円程度
自分でレンタカーで運ぶ場合    8,000円〜15,000円程度

料金的には、僕の引越し(単身引越し2M系)が有利です。
荷物が標準的であれば、僕の引越しを利用したいところです。しかも往復しなくても良い
という最大のメリットがありますからね。
ちょっと距離&時間がかかるので、朝から始めても夜になるでしょう。
(昔、V6ュの企画で引越ししませんか?というちょっと強引なチャレンジもこれに
該当しています、まぁあの時は、ダック引越しセンター、サカイが出ていましたね。恐らくチャーター便+助手1名のプランだと思います。V6のメンバーは自分でというイメージでしょうね)



ケース3(長距離の場合):県外で積込み〜移動〜荷卸し2日で引越し完了
赤帽系    実費で要相談(不可能な場合が多い)
引越し業者  80,000円程度 
僕の引越し2M3などのコンテナ 35,000円程度(平日で移動距離400kmの場合)
自分でレンタカーで運ぶ場合    25,000円〜30,000円程度+交通費

遠距離になると、トラックをチャーターする引越し業者では非常に不利になります。
理由は、ドライバー2日の日当+トラックチャーター料2日分だからです。
また、遠距離だと、4tトラックが標準になりますので、途中で荷物を積み替えてて、しかも他の荷物といっしょに運ぶはずです。
積み替えが嫌い&他人の荷物と一緒に運ぶのが嫌という方には要注意です。

距離にもよるのですが、僕の引越しがはやり有利ですね。さすが宅配便感覚です。
距離が遠くなるほど、お得間が増します。

自分で運ぶ場合はもはや相当きついですね。私はお勧めできませんし、返って高くなることも。
当然、交通費、宿泊費+食事代(人数分)かかります。引越しのお手伝いをしてくれた友人にもお礼の食事代がかかりますからね。(大概私の経験では、引越し打ち上げの飲み会に替わり、返って高くなるような気も、、、)

私のお勧めプラン
 距離が近ければ、自分で運んでもOKですが、日をまたぐ場合は、僕の引越し(単身引越し2M系)を利用したほうが体の負担&財政上も有利になることは目に見えています。
 長距離で車のある方でも、取り合えず寝具と数日分の着替えとTVは車で、そのほかは単身の引越し(BOX)を利用するのが引越し達人技といえます。
 ただし、単身でもよほど荷物が多い&買え換える場合が高い場合は、2t車トラックのチャーター便などを利用し引越し業者に頼むしかないようですね。
■家族の引越し料金
ケース1(近距離の場合):同一県内でその日の内に引越し完了
 条件:2人+子供1〜2人 4tトラック
   :エアコンは1台
   :BS,CS等の電化製品の配線接続サービスはなし

マイホームの建設、借間の借り換え等県内でその日の内に引越し完了するケースは多々あると思います。
 赤帽系    不可能
 引越し業者  80,000円程度(6万になる可能性大) 
 僕の引越し2M3などのコンテナ 不可能
 自分でレンタカーで運ぶ場合   25,000円程度(数回往復する)

赤帽系、僕の引越しは荷物そのものが乗らない量なので、不可能です。
引越し業者Vs自分で運ぶの2拓ですが、家族がいる場合は、家具などもあり、自分で運ぶのはお勧めできません。
(理由は:  で詳しく説明しております)

引越し業者に依頼することになりますが、どこまで自分でするか?時期はいつなのかで引越し料金が極端に変わってきます。
目安は60,000〜80,000円です。
クロネコ引越しのらくらくエコノミーでもこの範囲ですので、私なら梱包しなくてもよい、クロネコ引越しのらくらくエコノミーを選択します。

ただし、引越し業者が忙しくない時期&平日ならば、梱包は自分でというプランにすれば、60,000円以内の料金でも可能といえます。
いずれにせよ、家族であれば引越しはやはりプロにお願いしたほうがいいです。


ケース2(中距離の場合):県外(隣県)でその日の内に引越し完了
 条件:2人+子供1〜2人 4tトラック
   :エアコンは1台
   :BS,CS等の電化製品の配線接続サービスはなし

金額的にはケース1とほぼ同じです。
交通費が+アップする感じです。
 引越し業者  90,000円程度(7万になる可能性大) 
 自分でレンタカーで運ぶ場合   25,000円程度(数回往復する)


ケース3(長距離の場合):県外で積込み〜移動〜荷卸し2日で引越し完了
条件:2人+子供1〜2人 4tトラック
   :エアコンは1台
   :BS,CS等の電化製品の配線接続サービスはなし
   :荷物の搬送及び大物の梱包は業者がする。  
引越し業者  160,000〜400,000円程度 

自分でレンタカーはほぼ不可能、鉄人でもない限り無謀です。

転勤族だとこのパターンが一番多いケース。
金額が恐ろしく違うようだが、これにはれっきとした理由がある。
長くなってしまうので、次の記事を参考にされたし。