ホーム
 ・引越し料金の相場
 ・引越し会社を決めるポイント
 ・引越しトラブルQ&A

■引越しマニュアル★
 ・01お引越しスケジュール
 ┣1ヶ月前にやること
 ┣1〜2週間前にやること
 ┣前日にやること
 ┣当日にやること
 ┗引越し後にやること
 ・03荷造りのポイント
 ・04お掃除のポイント
 ・転出・転入の手続きのポイント
 ・車・バイクの手続きのポイント

■引越し手続きマニュアル
 ┣引越し前手続きチェックリスト
 ┣転出届
 ┣転出届(郵送による方法)
 ┣転出届(住民基本台帳カード)
 ┣郵便局への転居届
 ┗子供の転校(小・中・高)
 
■引越しマナー
 ・引越し挨拶のマナー
 ・引越し挨拶状(解説)
 ・引越し挨拶状(事例)

■引越し祝い
 ・栄転・昇進祝い編
 ・新築祝い編
 ・お世話になった方編
 ・結婚・進学・就職編

■引越しで必要な委任状
 ・転入届
 ・転出届
 ・転居届
 ・世帯合併・世帯分離
 ・世帯一部変更・世帯主変更届
 ・外国人登録原票記載事項証明
 ・印鑑登録/証亡失届/廃止
 ・自動車の登録移転/変更/抹消


引越は日本通運|えころじこんぽの引越しは単身もOK!引越しの見積りを受付中!
お客様に合わせた引越しを、引越のプロ・日本通運がご提案いたします。奥様・お財布・家財・地球にやさしい引越「えころじこんぽ」や、単身者に最適な引越し「単身パック」などサービス内容充実です。引越しの見積りは日本通運へ。

お引越し:引越しのことならなんでもおまかせください
単身からご家族の引越しまで、お引越しならクロネコヤマトへおまかせください。リーズナブルな料金と豊富なサービスをご用意いたしまいした。

引越しのお見積りなら、アート引越センター
ご家族、単身、海外、オフィスの引越し。お引越しはアート引越センターで。見積は無料、インターネットでの見積お申込みで引っ越し料金を特別割引にてご奉仕!

引越しのお見積なら引っ越し専業のサカイへ。サカイ引越センターではお引越しを安心して任せていただけるよう自社研修棟で研修を受けたスタッフがお伺い致します。引っ越し専業のサカイならお見積は無料です!!

引越し業者探し、引越しのことなら【アリさんマークの引越社】
引っ越しはアリさんマークの引越社へ!家族、単身、オフィスなどの住まい変更は、引越し業者の【引越社】にお任せください。

引越しならダック引越センター。単身は15000円からのお引っ越し!
引越しならダック引越センター。無料お見積もり24時間受付中!単身15000円から。引越し手続きなど、サポートサービスも充実。

引越しは0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し
お引越しや引越見積は引越業者のアーク引越センターにおまかせ。荷物を運んでほしいと思うお客様の心に、精一杯の真心で応えたい。あなたピッタリのお引越しが見つかる!!スタンダードコース,スマートコース,スペシャルコースの3つの基本コースをご紹介.

 引越しトラブルQ&A 
「そんなこと知らなかった!」とあとあと後悔しないためにも、引越しのトラブルについての基本的な知識は、持っておきましょう。
引越しトラブルQ&A
■ 見積額と請求額が違う
■ 見積代金の請求
■ 見積書以外の請求
■ 内金の支払い
■ 見積金額の差が大きすぎる
■ 依頼した業者と違うトラックが
きた
■ 作業員不足
■ 時間が遅れる
■ 遅延損害(引越しが延びた)
■ 動物の輸送を断わられた
■ アルバイト作業員ばっかり
■ 引越し業者の強引な営業
■ 引越し業者からのキャンセル
■ 引越保険掛け金の負担
■ 無料段ボールの返却
■ 下請け会社の責任
■ 引越し後に荷物の数が足りな
いことに気がついた
■ 損害賠償額の算定
■ 家具や部屋の破損
■ 布団が廃棄されてしまった
■ 思い出の品物の賠償額
■ フローリングの破損
■ ソファーの破損
■ 骨董品の破損と賠償
■ パソコンの破損
■ たんすの天板・底板の破損
■ 家具の取っ手の破損
■ 大型家具の底の破損
■ 組み立て家具の破損
■ 座卓の側面、裏側の破損
■ テレビやオーディオのボタン類の
破損
■ 洗濯機の蓋の破損(グラグラす
る)
■ 半年以上たってからエアコンが
壊れていたことに気がついた

■ 見積額と請求額が違う
基本的には、「契約書」に記載された金額のみ支払う必要があります。見積で納得して契約を行うため、ほとんどの場合、見積の金額で契約書が作られます。
ところが、概算で見積した場合、実際の荷物量に違いが出る場合があります。契約する前には、必ず下見をしてもらい、実際の運搬量の確認をしてから契約するべきです。
また、見積書に記載されていないオプションを利用した場合も、合算して請求されるため、見積額と異なる場合があります。お願いしていない分を支払う必要はありませんが、契約内容以上のことをしていないか、確認しなければなりません。

■ 見積代金の請求
基本的に、見積りでお金がかかることはありません。見積りで料金を徴収することは禁止されていますが、特殊な物件の場合、下見にかかる費用が発生することがあります。
依頼する業者の営業区域外への交通費や、特殊事情のある場合です。厳密にいえば、見積代金ではなく「下見に要した費用」なのですが、説明を省略して「見積代」といわれることもあるようです。

■ 見積書以外の請求
引越業者のサービスで、無料サービスとなっている事柄を当日請求されたというトラブルがあります。電気工事など、特殊な工事の場合は、引越業者の作業員とは別に、工事会社の作業員が入ることがあります。
工事会社が引越業者に請求するべき金額なのですが、誤って個人に請求したということも考えられます。まずは、元請けである引越し業者にすべて支払うことという前提で、とりあえず支払うことはやめておきましょう。

■ 内金の支払い
基本的に、内金や手付金を支払う必要はありません。「標準引越運送約款」を利用している業者は、引越し完了までの料金の請求を行うことはありません。
しかし全部の業者が、「標準引越運送約款」を利用しているわけではないので、中小業者などで実際の運搬に必要な金額がかかる場合、また大規模な引越で高額な場合など、内金や手付金として請求されることもあるかもしれません。

■ 見積金額の差が大きすぎる
たくさんの見積を取れば取るほど、その見積金額の差に驚くことがあるかもしれません。引越料金は、運賃とサービス業から成り立っています。
運賃は、監督官庁に届け出してあり、各社それほど差はありません。大きく差が出るのは、付帯サービス料金です。高いから悪い、安いから手を抜かれている、と言うわけではないので、サービスの内容に注目して納得してください。

■ 依頼した業者と違うトラックがきた
引越業者は、100%自社トラックを保有しているわけではありません。下請け業者のトラックや、レンタカーを利用することも違法ではないのです。特に、引越繁忙期にはよくある話ですが、だからといって搬送に不手際があってはなりません。契約の段階で、自社便を使うという約束をしていなければ、訴えることはできないので、あらかじめ注意しておきましょう。

■ 作業員不足
打ち合わせの時に提示されていた作業員より、少ない人数しかこなかった場合、作業員費用の返還を請求することができます。しかし、たいていの場合、業者の判断で作業量にあわせて人員も配置しているはずなので、作業遅延やトラブルがない限りは問題ないでしょう。

■ 時間が遅れる
約束の時間に来なかった、予定終了時間までに終わらなかったとういトラブルもよくあります。引越し業者は、一日に何回も引越しを行います。後になればなるほど、時間の予測が難しくなります。前の引越しで問題が起きれば、後にずれこむかもしれません。ですから引越し料金は午前の方が高く、後になるほど安くなっています。また、見積もりには必ず実物を見てもらうようにしましょう。インターネットだけで見積もりを行なうと、荷物の量や現場の状況を正確に把握できず、予想作業時間を上回ってしまうことがあります。

■ 遅延損害(引越しが延びた)
引越業者の要領が悪く、または何らかのトラブルがあって、契約の日より余計な日数がかかってしまうことがあります。
賃貸物件に住んでいた場合、引越が1日延びたことで、1カ月分余計に家賃を請求されてしまうことも考えられます。このような場合の損害賠償も、保険の中に含まれていますので、業者側に請求することができます。

■ 動物の輸送を断わられた
標準引越運送約款を使用している業者の場合(ちゃんとしている業者は、ほとんどこれを利用しています)、特殊なものの運送は拒絶することができます。生体は特殊な管理を必要としますし、万が一の事故の際の、補償額の取り決めも、ものによって変わってくるため、一般貨物と同じように考えると難しいのです。
ただ、家族の一員として動物を飼われてるご家庭がとても多いので、ほとんどの業者では有料オプションで輸送を行っています。自分で運ぶことができない場合、あらかじめペット輸送のオプションがついてるかどうか、確認してから契約した方が良いですね。

■ アルバイト作業員ばっかり
引越業者の営業マンと作業マンは別の人材です。営業マンの感じがとてもよく、依頼したのに、実際の引越し作業は、アルバイトばかりだったということもあります。事故がなければよいのですが、何かあった時にだれが責任をとるのか心配になりますよね。とくに繁忙期にかけては、アルバイトの比率が高くなる傾向がありますが、必ず専門教育を受けているはずです。人材について不安があるときは、早めに確認しておきましょう。

■ 引越し業者の強引な営業
お断りした引越し業者の営業が、しつこく電話をかけてきたり、自宅まで押し掛ける場合、警察に相談してもかまいません。大手の引越し業者でしたら、見積もり合わせすることも当然なので、ある程度の営業は行うとしても、きっぱりお断りすれば、嫌がらせをすることも無いはずです。

■ 引越し業者からのキャンセル
引越の数日前に、業者の方からキャンセルを申し出てきた場合、代わりの業者が見つからないなどの明らかな被害があった場合、損害請求ができます。大手の引越し業者なら有り得ないことでしょうが、小規模な業者の場合、トラックの手配がつかなくなったなど、細かなトラブルが発生することもあります。

■ 引越保険掛け金の負担
荷物を運搬するのは「運送業者」で、もし荷物にトラブルがあった場合、保険金を支払うのは「保険会社」ですから、保険料は運送業者が掛ける必要があります。しかし、実際には荷物の所有者も保険金を負担することが一般的です。なぜなら、不可抗力による火災や予見できない交通事故については、運送業者の責任外だとされているからです。
ほとんどの事故は、これらに当たるため、利用者が直接運送保険をかけておくほうが、損害補てんをスムーズに受けられて、安心です。

■ 無料段ボールの返却
引越業者に見積をたのむと、契約も済ませていないのに無料段ボールをおいていくことがあるようです。置かれる前に、きっぱり断るのがよいのですが、断り切れない事情もあるでしょう。もし、無理やりおいていかれても、契約しなくても構いません。もちろん、買い取る必要もありません。ただし、束ねてあるロープなどを切ってしまわないように、勿論使用しないようにそのままにしておきましょうね。
業者が引き取りに来なければ、料金着払でを送り返してしてしまってもいいでしょう。

■ 下請け会社の責任
大手引越会社に依頼したとしても、実際の作業は中小の下請け企業が行うこともあります。下請けが、事故を起こして損害を受けた場合でも、元請けに損害賠償を請求します。

■ 引越し後に荷物の数が足りないことに気がついた
引越し荷物の段ボールの数を以外と数えるのを忘れることが多いようです。引越し後、荷物を開けて収納しているうちに、「どうも段ボールがひとつ足りない」ということもあります。至急、引越業者に連絡をしましょう。このようなトラブル起こさないためには、搬入量と搬出量の確認を怠らないようにすることです。

■ 損害賠償額の算定
運搬中や作業員の過失によって荷物が破損した場合、業者が賠償してくれることになっています。ただし、賠償額の評価は保険会社の規定に従うことになり、エアコンやテレビ、オーディオ機器などで、使用年数のかさんでいるものは、価値は下がっているので、時価として低額となる可能性があります。古くても大切な品物の場合、あらかじめその旨申し出ておくほうが安心ですね。
また、賠償される条件として、「自己又は使用人その他運送のために使用した者が、荷物の荷造り、受取、引渡し、保管又は運送に関し注意を怠らなかったことを証明しない限り」とされています。つまり、作業員が万全を期しており、防ぎようがなかった場合、業者には責任がかからないということです。

■ 家具や部屋の破損
できるだけ早く、引越業者に連絡をしましょう。明らかに引越の時についた傷でなければ、後から申し出ても、証拠が難しいこともあります。ちゃんとして引越業者であれば、家具搬入の前に、傷の箇所をチェックします。

■ 布団が廃棄されてしまった
引越先でその日のうちに使うものなので、なくなっていたらとても困ってしまいますよね。日用品は、ものの価値的には大したものではないにせよ、とても大事なものです。とくに布団の場合、事前に梱包をきちんと済ませておかないと、梱包資材としての布類と混ざりやすく、紛失のトラブルが起きやすいものです。

■ 思い出の品物の賠償額
写真やビデオテープなど、思い出の品が破損したり紛失したりしたら、その他のものがなくなるよりも精神的なショックが大きいものです。
しかし保険の適用では、「気持ち」の部分は金額に反映されません。残念ですが、業者と話し合って妥協点を見つけてください。また、どうしても大事な物は、自分で運ぶことをおすすめします。

■ フローリングの破損
引越業者の落ち度で、新居のフローリングに傷がついたというのもよくあるトラブルです。しかし残念ながら補償では、傷んだ部分の張り替えしか行ってもらえないのが一般的です。
新築の場合、全面張り替えを要求することも多いようですが、大規模な改修になる場合、応じてもらえないこともあるでしょう。

■ ソファーの破損
ソファや布ばりの食卓椅子など、梱包しても破損のおきやすいものです。荷物の下見の段階で、トラックの大きさを決めるのですが、価格を抑えるために、小さいトラックを準備すると、荷物を重ねて入れることになります。
ソファーや椅子など、破れやすいものは、梱包をしっかりし搬入出に注意を払わなければなりません。明らかに運搬中の過失による破損であれば補償されますので、速やかに届け出ましょう。

■ 骨董品の破損と賠償
貴重品の場合、あらかじめ申告しておかなければなりません。万が一、高価なものの破損が起きた場合、骨董品としての価値が認められない場合もあります。
高級な茶碗や、ガラス食器、陶器の人形などどこまでを貴重品とするかは判断が難しいですよね。すべて貴重品とすれば、保険代だけでかなりになりますし、かといってトラブルが起こったときに、全滅してしまうと、大きな損害となってしまいます。
保険での保証額を確認し、契約時に十分検討しておきましょう。

■ パソコンの破損
パソコンは、取り扱いが難しいので、特別に梱包や運搬も慎重に行われますし、別途保険に加入することもあるぐらいです。とはいえ、運んでもらう方にもリスクを負わなければなりません。
万が一の破損に備え、データのバックアップは必ずとっておくようにします。金額での補償はできても、データは2度と戻ってきませんから。他の荷物と一緒に輸送するのが不安な場合、貴重品輸送の業者での別送をおすすめします。


■ たんすの天板・底板の破損
たんすは、基本的には、使用するのと同じ形に立てて運搬します。扉や側面は、比較的運搬中も目につくのですが、底板、天板、裏面がキズのつきやすいところです。裏面は、板材も薄いので、割れたりしていないか確認しておきましょう。

■ 家具の取っ手の破損
引き出しの取っ手など、出っ張りがある場合、輸送中に他の荷物とぶつかりあってキズがつくことがあります。また、金属の取っ手は、裏面からねじで留めてあるものが多く、ぶつかり合うことで緩んでいる場合があります。確認しておきましょう。

■ 大型家具の底の破損
大きな家具の場合、搬入経路の途中で、向きを変えたりおろしたりすることが頻繁にあります。とくに、底の部分は、向きを変える時の支点にしたり、荷重がかかることが多いので傷みやすい場所です。

■ 組み立て家具の破損
古い家具や、表面材を接着剤で貼り付けてあるようなテレビボードなどは、特に角の部分からはがれ剥がれやすいものです。作業員も、特に四つ角は十分に梱包し慎重に運ぶのですが、搬入中の振動などによって、多少の傷がつくことも考えられます。

■ 座卓の側面、裏側の破損
座卓やベッドの台など、比較的厚みのないものは、立てたり横向きに積みこまれることが多いものです。とくに側面に、すりキズがつきやすいので確認しておきましょう。

■ テレビやオーディオのボタン類の破損
操作スイッチのボタン類は、破損しやすい箇所です。しかも、使用するまで発見しにくいので、注意しておきましょう。

■ 洗濯機の蓋の破損(グラグラする)
洗濯機の蓋、冷蔵庫の設置、電化製品の開閉の不具合など、特殊な電気工事を必要としない家電製品の搬入については、引越し後、使い始めてから不具合が見つかることが多いものです。運搬中の振動によって、ねじが緩んでいるぐらいなら、早めの調整で大丈夫でしょう。そのまま使い続けていて、破損した場合には、補償の対象にならないこともあるので、確認しておいたほうが良いでしょう。明らかに引越し作業によって生じたと判断される場合、早めに引越し業者に連絡しましょう。調整で済むものか、賠償することになるのか、早めに決めなければなりません。

■ 半年以上たってからエアコンが壊れていたことに気がついた
例えば冬場に引越して、夏にエアコンをつけてみたところ、作動しないというトラブルはよくあります。引越業者の責任は、荷物を引き渡した日から3ヶ月以内と決められているので、責任を問うことができません。エアコンはよくありがちなトラブルですが、他の電化製品に付いても、正常作動するかどうか、破損がないか、3カ月以内に点検しておきましょう。
多くの業者は「標準引越運送約款」という、運送の取り決めを利用していますが、業者によっては独自の約款を持つところもあります。3ヶ月以内どころか、もっと短い可能性もあるので、契約の時に確認しておいた方が良いでしょう。