ホーム
 ・引越し料金の相場
 ・引越し会社を決めるポイント
 ・引越しトラブルQ&A

■引越しマニュアル★
 ・01お引越しスケジュール
 ┣1ヶ月前にやること
 ┣1〜2週間前にやること
 ┣前日にやること
 ┣当日にやること
 ┗引越し後にやること
 ・03荷造りのポイント
 ・04お掃除のポイント
 ・転出・転入の手続きのポイント
 ・車・バイクの手続きのポイント

■引越し手続きマニュアル
 ┣引越し前手続きチェックリスト
 ┣転出届
 ┣転出届(郵送による方法)
 ┣転出届(住民基本台帳カード)
 ┣郵便局への転居届
 ┗子供の転校(小・中・高)
 
■引越しマナー
 ・引越し挨拶のマナー
 ・引越し挨拶状(解説)
 ・引越し挨拶状(事例)

■引越し祝い
 ・栄転・昇進祝い編
 ・新築祝い編
 ・お世話になった方編
 ・結婚・進学・就職編

■引越しで必要な委任状
 ・転入届
 ・転出届
 ・転居届
 ・世帯合併・世帯分離
 ・世帯一部変更・世帯主変更届
 ・外国人登録原票記載事項証明
 ・印鑑登録/証亡失届/廃止
 ・自動車の登録移転/変更/抹消


引越は日本通運|えころじこんぽの引越しは単身もOK!引越しの見積りを受付中!
お客様に合わせた引越しを、引越のプロ・日本通運がご提案いたします。奥様・お財布・家財・地球にやさしい引越「えころじこんぽ」や、単身者に最適な引越し「単身パック」などサービス内容充実です。引越しの見積りは日本通運へ。

お引越し:引越しのことならなんでもおまかせください
単身からご家族の引越しまで、お引越しならクロネコヤマトへおまかせください。リーズナブルな料金と豊富なサービスをご用意いたしまいした。

引越しのお見積りなら、アート引越センター
ご家族、単身、海外、オフィスの引越し。お引越しはアート引越センターで。見積は無料、インターネットでの見積お申込みで引っ越し料金を特別割引にてご奉仕!

引越しのお見積なら引っ越し専業のサカイへ。サカイ引越センターではお引越しを安心して任せていただけるよう自社研修棟で研修を受けたスタッフがお伺い致します。引っ越し専業のサカイならお見積は無料です!!

引越し業者探し、引越しのことなら【アリさんマークの引越社】
引っ越しはアリさんマークの引越社へ!家族、単身、オフィスなどの住まい変更は、引越し業者の【引越社】にお任せください。

引越しならダック引越センター。単身は15000円からのお引っ越し!
引越しならダック引越センター。無料お見積もり24時間受付中!単身15000円から。引越し手続きなど、サポートサービスも充実。

引越しは0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し
お引越しや引越見積は引越業者のアーク引越センターにおまかせ。荷物を運んでほしいと思うお客様の心に、精一杯の真心で応えたい。あなたピッタリのお引越しが見つかる!!スタンダードコース,スマートコース,スペシャルコースの3つの基本コースをご紹介.

 お引っ越しマニュアル 


引越しマニュアルリンク
 
1ヶ月前にやること1〜2週間前にやること前日にやること当日にやること引越し後にやること

 お掃除のポイント

荷造りと平行して忘れずにしっかりやりたいのが新旧居の掃除です。旧居の掃除は荷造りと同様、出来るところから早めに始めてしまいましょう。洗剤に漬けておいたり、カーテン類などを洗濯したり…。掃除にも思いの他時間がかかるものです。
また、新居についても、引越し前に一日掃除の日を設けることが出来ればベストです。空室というのは、案外沢山埃がたまっているものですし、害虫駆除も一度はやっておきたいところです。一通りしっかり掃除してから入居して、気持ち良いスタートをきりましょう。


    旧居のお掃除のポイント

それでは、掃除の簡単なポイントをご紹介していきます。旧居の掃除の成果はダイレクトに敷金返還にも関わってきます。気合を入れて最後にピカピカにしましょう!


1. 畳・床・壁・天井

畳・フローリングなどは、掃除機をかけた後固く絞った雑巾で拭きましょう。場合によってはつや出し用の洗剤などを使ってもよいでしょう。ただ、説明を良く読んで、かえってはげることなどのないように気をつけて!
壁や床などの小さなキズ・穴などは市販の補修材で、かなりキレイになります。こういう細かいキズは、結構引き渡し時のチェック対象になるようですので、出来るだけ修繕しておきましょう。
タバコを吸う場合のヤニなどはなかなか取れませんが、それ以外の積もり積もった汚れは、根気良く落とせば意外なほど落ちるものです。


2. キッチン

キッチンは、言わずと知れた最大の難関です。油汚れがひどいので、心して大掃除しましょう。年末の大掃除の倍くらい時間をかけるつもりでもいいでしょう。油でべとべとになったものは、外せる物は全て外してつけ置きを。また、小麦粉を振りかけてこすると油が粉になじんでポロポロととれてきますので、これもオススメです。最後はからぶきで、ピカピカに仕上げましょう。


3. トイレ・お風呂

これも汚れのひどいものにはつけ置きが有効です。洗剤をかけてから暫く放置しておきましょう。浴槽は材質によって洗剤が異なってきますので、洗剤の説明をよく読んでから利用しましょう。シャワーカーテン他のカビ、水道管のつまりなども徹底的にチェック。
また、複数の洗剤の使用や、つまった髪の毛などを溶かす洗剤は非常に強いので取り扱いにも充分な注意が必要です。掃除後は換気も充分にしておきましょう。


4. 窓ガラス

ガラスの汚れには、新聞紙が大活躍します。洗剤を直接つけてから、新聞紙で丁寧にこすると見違えるほどキレイになります。窓ガラスなども外せる物は外して大々的に汚れを取りましょう。取り外せない物については、市販のガラスの両面を拭ける道具などを利用するのも手です。また、桟の部分も汚れていがちですので、使用済みの割り箸や歯ブラシなどを利用して、丁寧に汚れを取りましょう。


5. 家具の後ろなど

普段は手が届かない部分は、当然かなり埃がたまっています。引越し当日に搬出が済んだところから、最後の掃除にとりかかりましょう。この際、思わぬ紛失物がタンスの裏から出てきた!ということもあり得ますので、いきなり掃除機、は避けた方が無難かも知れません。


    新居のお掃除のポイント

新居については、それほど徹底的にやる必要は無いですが、雑巾がけなどすると、案外真っ黒になるのにびっくりするはず。また、新築やリフォーム済みの場合には、塗料などのにおいが鼻につくこともあり得ます。換気は充分にしておきましょう。


1. 新居についたらまず換気

新居についたら、まずは窓や扉を出来る限り開け放して換気をしましょう。新築物件や、リフォームがかかった物件では、塗料などのにおいがこもっていることもあります。マンションなどではそうもいきませんが、戸建などでしたら、ドアも開け放しておくと良いでしょう。


2. 畳・床・壁・天井

まずは、掃除機をかけた後、固く絞った雑巾で全体を拭きましょう。特にごしごしこする必要は通常無いと思いますが、家具を置いた後には掃除できないところも今ならまだ楽に掃除できるのです。最初が肝心!という気持ちで臨みましょう
また、新居に事前に掃除に出向く場合には、当然向こうにはなにも用具がありません。天井や壁の上の方など、今のうちに掃除しておきたいところに手が届かない…という事もありがちです。掃除用具や、事情が許せば脚立なども持参していきたいものです。


3. キッチン

ガスは開栓に立会いが必要な為、まだ使用出来ませんが、水道はこのときから栓を開けて使用できる場合がほとんどだと思います。開けた栓は念のため引越し当日までは再び閉めておきましょう。


4. トイレ・お風呂

こういった部分は最低限きれいにして明け渡されるはずですが、よく見てみるとお風呂の脱水口が汚れていた、などということも。そうでなくても中古住宅の場合、気分的にも自分でもう一度きれいにしておきたいものですね。ユニットバスなどの場合、シャワーカーテンが置いてあることもありますが、もし好みの品を用意するつもりなら、備付品は最初から手をつけずに保管しておきましょう。


5. 害虫駆除

可能であれば、燻すタイプの害虫駆除剤などを利用して、一度徹底的に駆除を行っておきましょう。家具がないうちに一手間かけておくと、楽ですし、かなり効果もあります。ホウ酸団子のようなものも、事前に置いておけば完璧です。特に、集合住宅で1階に飲食店が入っているような場合、近隣の住宅が密接しているような場合には、必須といえるでしょう。


    新居の掃除はチェックも兼ねて行いましょう!

新居の掃除に行く時には、部屋の隅々まで掃除をしつつ、同時に汚れやキズ、不具合などももう一度確認していきましょう。

もし、先住者が残したと思われるキズなどがあった場合、「これは前からです」ということが証明出来るように写真など撮っておくのも一つの手。その他、ドアなどの立てつけなどももう一度チェックしておきましょう。いったん入居してしまってからでは、先住者がつけたキズなのか、あなたがつけたキズなのかが曖昧になり、トラブルにもなりかねません!

またこの時に、入居後の家具の配置なども頭に思い浮かべ、無理が無いかどうかも再考してみましょう。