ホーム
 ・引越し料金の相場
 ・引越し会社を決めるポイント
 ・引越しトラブルQ&A

■引越しマニュアル★
 ・01お引越しスケジュール
 ┣1ヶ月前にやること
 ┣1〜2週間前にやること
 ┣前日にやること
 ┣当日にやること
 ┗引越し後にやること
 ・03荷造りのポイント
 ・04お掃除のポイント
 ・転出・転入の手続きのポイント
 ・車・バイクの手続きのポイント

■引越し手続きマニュアル
 ┣引越し前手続きチェックリスト
 ┣転出届
 ┣転出届(郵送による方法)
 ┣転出届(住民基本台帳カード)
 ┣郵便局への転居届
 ┗子供の転校(小・中・高)
 
■引越しマナー
 ・引越し挨拶のマナー
 ・引越し挨拶状(解説)
 ・引越し挨拶状(事例)

■引越し祝い
 ・栄転・昇進祝い編
 ・新築祝い編
 ・お世話になった方編
 ・結婚・進学・就職編

■引越しで必要な委任状
 ・転入届
 ・転出届
 ・転居届
 ・世帯合併・世帯分離
 ・世帯一部変更・世帯主変更届
 ・外国人登録原票記載事項証明
 ・印鑑登録/証亡失届/廃止
 ・自動車の登録移転/変更/抹消


引越は日本通運|えころじこんぽの引越しは単身もOK!引越しの見積りを受付中!
お客様に合わせた引越しを、引越のプロ・日本通運がご提案いたします。奥様・お財布・家財・地球にやさしい引越「えころじこんぽ」や、単身者に最適な引越し「単身パック」などサービス内容充実です。引越しの見積りは日本通運へ。

お引越し:引越しのことならなんでもおまかせください
単身からご家族の引越しまで、お引越しならクロネコヤマトへおまかせください。リーズナブルな料金と豊富なサービスをご用意いたしまいした。

引越しのお見積りなら、アート引越センター
ご家族、単身、海外、オフィスの引越し。お引越しはアート引越センターで。見積は無料、インターネットでの見積お申込みで引っ越し料金を特別割引にてご奉仕!

引越しのお見積なら引っ越し専業のサカイへ。サカイ引越センターではお引越しを安心して任せていただけるよう自社研修棟で研修を受けたスタッフがお伺い致します。引っ越し専業のサカイならお見積は無料です!!

引越し業者探し、引越しのことなら【アリさんマークの引越社】
引っ越しはアリさんマークの引越社へ!家族、単身、オフィスなどの住まい変更は、引越し業者の【引越社】にお任せください。

引越しならダック引越センター。単身は15000円からのお引っ越し!
引越しならダック引越センター。無料お見積もり24時間受付中!単身15000円から。引越し手続きなど、サポートサービスも充実。

引越しは0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し
お引越しや引越見積は引越業者のアーク引越センターにおまかせ。荷物を運んでほしいと思うお客様の心に、精一杯の真心で応えたい。あなたピッタリのお引越しが見つかる!!スタンダードコース,スマートコース,スペシャルコースの3つの基本コースをご紹介.

 お引っ越しマニュアル 


引越しマニュアルリンク
 
1ヶ月前にやること1〜2週間前にやること前日にやること当日にやること引越し後にやること

    荷造りのポイント


1. 目印をハッキリつける

ちょっと面倒でも、一つ箱に詰め終わるごとに箱の表面に「なにが入っていて(新居の)どこにおく荷物か」がわかるようなマークをつけていきましょう。部屋数が多い場合などは、色分けをしたり、部屋にA,B,C、などと名前をつけたりという工夫を。そして、マークは必ず箱の上部と側面の両方につけましょう。積み重ねた場合にわからなくなってしまったら意味がありません。大きく、ハッキリと、誰が見てもわかるように書きましょう。また、タンスや引き出しの中身は、「和ダンス1段目」などというくくりでまとめるのも一案。荷をとく時にも一目瞭然、便利です。


2. ダンボール組立にも注意

ダンボールを組み立てる際、よく四辺を互い違いにはめ込むだけにする場合がありますが、引越し時にはそれは厳禁です!荷物が重くなった際すぽっと抜ける危険性が大。必ず箱の底にもガムテープで十字型に補強をするようにしましょう。


3. 使わない物から詰めていく

たとえば、押入れの奥にしまいこんであるもの。本やCD。季節物の洋服。無くても当面困らないものからさっさと詰めてしまいましょう。


4. 重いものは小さい箱に

「重い物ほど小さい箱、軽いものは大きな箱へ」。これは鉄則です。本などは、すぐしまえますし、大きさもある程度揃っているので荷造りに取り掛かりやすいでしょう。しかし、ここで調子にのって大きな箱にどんどん詰めると、いざ蓋をして動かす時に大変!一人ではびくともしない厄介な荷物が出来上がりかねません。基本的に重たい物は小分けにして、楽に運べる重さにすることを忘れずに! 逆に、重さはないがかさばるもの、たとえばやかん、ぬいぐるみ…などといったものは大きい箱にどさっと入れても大丈夫です。


5. 割れ物注意

食器類などは、ひとつひとつ新聞紙などにくるみ、隙間にも新聞紙等をつめて、中で動かないようにしっかりと固定しておきましょう。皿類は立てて、茶碗・カップ類は伏せて詰めるのがコツです。そして箱には目立つように「割れ物注意」の表示を。それから、布団やタオル・シーツ類に割れ物を包むと良い、というのは誤解です。布団袋にいれるなどというのはもってのほか。外観が大丈夫そうなら、荷物は結構ぽんぽんと投げられてしまいます。それに布団の中でモノが割れたら、もうその布団も使えません。絶対にやめましょう。そして、特に細長い部分があるモノ・高価なモノなどは、荷物に詰めずに手で運ぶようにしましょう。


6. 小物類はなくさないように

組み立て式の家具のネジ、電気器具のコードなど、小物がなくなると大変です。一つネジがないだけで組み立ては出来なくなってしまいます。こういったものはそれぞれひとまとめにしてビニール袋に入れるなどの工夫を。本体に貼り付けておくというのも手でしょう。


7. 梱包しにくいもの

大きな家具や鏡、ガラスケース、照明器具…。こういった梱包のしにくいものは、当日作業員さんが梱包してくれる場合も。心配な場合には前もって引越し会社に相談しておくとよいでしょう。
また、鏡などの割れ物を何が入っているのかわからない形に梱包しておくと、かえってその方が危険です。上にモノをおかれたら困るものなども同様。そういうものは引越し当日まで蓋はしないで上部を開けておくと、必然的に物は置けませんし、作業員さんにも一目でわかるので良いでしょう。


8. 貴重品箱&最後の最後箱

引越し前に最後まで使っているものは、引越し後もすぐ必要になるものです。そういったものをまとめて入れる「すぐ」用の箱を何箱か作っておくと大変重宝します。できれば何かと必要な工具類、ゴミ袋、ガムテープ、新聞紙、タオル、ハサミなどの作業用箱と、洗面用具、着替え、サンダル、洗濯ばさみ、トイレットペ―パー、石鹸などの生活必需品箱の二つを用意しておきましょう。
また、貴重品も当然管理が必要ですので、「貴重品箱」を作っておきましょう。


9. ペット

基本的にペットは自分で運ぶつもりで。車などにペットが酔う可能性もあります。出来ればかかりつけの病院などに相談して、気持ち良く引っ越せるように気遣ってあげましょう。また、大型の動物や常時保温の必要な熱帯魚などは、特に策を講じる必要がありますので、気をつけて。