ホーム
 ・引越し料金の相場
 ・引越し会社を決めるポイント
 ・引越しトラブルQ&A

■引越しマニュアル★
 ・01お引越しスケジュール
 ┣1ヶ月前にやること
 ┣1〜2週間前にやること
 ┣前日にやること
 ┣当日にやること
 ┗引越し後にやること
 ・03荷造りのポイント
 ・04お掃除のポイント
 ・転出・転入の手続きのポイント
 ・車・バイクの手続きのポイント

■引越し手続きマニュアル
 ┣引越し前手続きチェックリスト
 ┣転出届
 ┣転出届(郵送による方法)
 ┣転出届(住民基本台帳カード)
 ┣郵便局への転居届
 ┗子供の転校(小・中・高)
 
■引越しマナー
 ・引越し挨拶のマナー
 ・引越し挨拶状(解説)
 ・引越し挨拶状(事例)

■引越し祝い
 ・栄転・昇進祝い編
 ・新築祝い編
 ・お世話になった方編
 ・結婚・進学・就職編

■引越しで必要な委任状
 ・転入届
 ・転出届
 ・転居届
 ・世帯合併・世帯分離
 ・世帯一部変更・世帯主変更届
 ・外国人登録原票記載事項証明
 ・印鑑登録/証亡失届/廃止
 ・自動車の登録移転/変更/抹消




引越は日本通運|えころじこんぽの引越しは単身もOK!引越しの見積りを受付中!
お客様に合わせた引越しを、引越のプロ・日本通運がご提案いたします。奥様・お財布・家財・地球にやさしい引越「えころじこんぽ」や、単身者に最適な引越し「単身パック」などサービス内容充実です。引越しの見積りは日本通運へ。



お引越し:引越しのことならなんでもおまかせください
単身からご家族の引越しまで、お引越しならクロネコヤマトへおまかせください。リーズナブルな料金と豊富なサービスをご用意いたしまいした。



引越しのお見積りなら、アート引越センター
ご家族、単身、海外、オフィスの引越し。お引越しはアート引越センターで。見積は無料、インターネットでの見積お申込みで引っ越し料金を特別割引にてご奉仕!



引越しのお見積なら引っ越し専業のサカイへ。サカイ引越センターではお引越しを安心して任せていただけるよう自社研修棟で研修を受けたスタッフがお伺い致します。引っ越し専業のサカイならお見積は無料です!!



引越し業者探し、引越しのことなら【アリさんマークの引越社】
引っ越しはアリさんマークの引越社へ!家族、単身、オフィスなどの住まい変更は、引越し業者の【引越社】にお任せください。



引越しならダック引越センター。単身は15000円からのお引っ越し!
引越しならダック引越センター。無料お見積もり24時間受付中!単身15000円から。引越し手続きなど、サポートサービスも充実。



引越しは0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し
お引越しや引越見積は引越業者のアーク引越センターにおまかせ。荷物を運んでほしいと思うお客様の心に、精一杯の真心で応えたい。あなたピッタリのお引越しが見つかる!!スタンダードコース,スマートコース,スペシャルコースの3つの基本コースをご紹介.

    郵送での転出届

転出届は市区町村の役場の窓口に出向いて手続きをする以外に、郵送でも提出することができます
更に、住民基本台帳カードを持っている方は、旧住所の市区町村役場に郵送で届出するだけで、転出届の変わりとなり、市区町村の窓口に行くのが、新住所の転入届の際の1回だけで済むようになります。

   郵送での転出届手続きの流れ

■郵送での転出届手続きで用意するもの
  ⇒以下のものを用意し、同封し郵送します ※役場により、多少ちがいます。

1.転出届(郵送専用)
  ⇒市区町村の役場のホームページでダウンロードできますのでこれを印刷して利用します。
  ⇒必要事項は記入する
  ⇒押印(印鑑)・署名は指定の場所に記載する

2.本人確認のための証明書
  ⇒写真入りのもの(運転免許証やパスポートなど)のコピー
  ※写真入証明書なら1点、写真のないもの(健康保険証など)は2点の添付を求められることも。

3.各自治体から発行されている保険証等(交付を受けている方のみ)
  ⇒国民健康保険証
  ⇒老人保健医療受給者証
  ⇒介護保険証
  ⇒住基カード(付記転出をしない場合)など

4、返信用封筒(長4以上)
  ⇒転出届受付後、役場から転出証明書を発送するためのものです。
  ⇒80円切手を貼付する。
  ⇒届出人本人の住所氏名を記入しておきます(返信先は現住所か新住所のみ、勤務先等は不可)。
  ⇒速達を希望する場合は、速達分の切手を追加すればOKな所もあるので、要確認。

■その後の流れ
  ⇒郵送後、約1週間程度で返信用封筒で「転出証明書」が送られてきます。
  ⇒「転出証明書」と認印を引越しから14日以内にもって行き、新住所の役場で転入の手続きをする。

■郵送の場合の転出届の書き方の注意点
  ⇒窓口で提出する場合は、その場で確認してくれるので不備が分かるのですが、郵送の場合はそれが出来ないので注意が必要です。
  ⇒書類不備があると結局二度手間や帰って直接手続きしたりと面倒なのでよく確認してください。
  ⇒特に印鑑の押し忘れには注意して下さい。
  ⇒宛先は各自治体の役場の市民課などですが、必ず事前に郵送先を確認しておきましょう。

   住民基本台帳カードを利用した転入・転出(付記転入届・付記転出届)

住民基本台帳カードを持っている方は、旧住所の市区町村役場に郵送で届出するだけで、転出届の変わりとなり、市区町村の窓口に行くのが、新住所の転入届の際の1回だけで済むようになります。

■住基カードが有る場合の手続
@【郵送で完了】
  ⇒転出元市区町村のホームページ等から付記転出届を手に入れ印刷・記入し、それを転出元市区町村の担当課へに郵送する。
  ⇒転出証明書は必要ないため、もらえません。
  ※ 住民基本台帳カードは郵送しないでください。簡素化での転入届の際に必要となります。

A【窓口へ行く】
  ⇒転入先市区町村窓口に引越しから14日以内に転入届と住基カードを提出する(完了)。
  ※ 窓口で住民基本台帳カードを提示していただく際に、暗証番号の入力が必要になります。
  ※ 本人以外の届出の場合には、同一世帯の方であることに加えて、住民基本台帳カードの暗証番号入力が必要になります。

■必要事項について
@ 付記転出届である旨
  (簡素化ではなく、通常の郵送にて転出届を提出し、転出証明書を返送する方の場合と区別がつくように必ず記載が必要になります。)
A その他記載事項
  ・届出日(郵送する日)、異動日(引越し先の住所に住み始める日)
  ・届出をする方の氏名
  ・日中に連絡のとれる電話番号
  ・転出前(引越し前)の住所と世帯主だった方の氏名
  ・転出先(引越し先)の住所と世帯主になる方の氏名
  ・転出をする方の氏名(ふりがな)、生年月日、世帯主となる方との続柄

■参考
  ⇒付記転入届・・・簡素化での転入届を付記転入届と呼びます
  ⇒付記転出届・・・簡素化での転出届を付記転出届と呼びます