ホーム
 ・引越し料金の相場
 ・引越し会社を決めるポイント
 ・引越しトラブルQ&A

■引越しマニュアル★
 ・01お引越しスケジュール
 ┣1ヶ月前にやること
 ┣1〜2週間前にやること
 ┣前日にやること
 ┣当日にやること
 ┗引越し後にやること
 ・03荷造りのポイント
 ・04お掃除のポイント
 ・転出・転入の手続きのポイント
 ・車・バイクの手続きのポイント

■引越し手続きマニュアル
 ┣引越し前手続きチェックリスト
 ┣転出届
 ┣転出届(郵送による方法)
 ┣転出届(住民基本台帳カード)
 ┣郵便局への転居届
 ┗子供の転校(小・中・高)
 
■引越しマナー
 ・引越し挨拶のマナー
 ・引越し挨拶状(解説)
 ・引越し挨拶状(事例)

■引越し祝い
 ・栄転・昇進祝い編
 ・新築祝い編
 ・お世話になった方編
 ・結婚・進学・就職編

■引越しで必要な委任状
 ・転入届
 ・転出届
 ・転居届
 ・世帯合併・世帯分離
 ・世帯一部変更・世帯主変更届
 ・外国人登録原票記載事項証明
 ・印鑑登録/証亡失届/廃止
 ・自動車の登録移転/変更/抹消



引越は日本通運|えころじこんぽの引越しは単身もOK!引越しの見積りを受付中!
お客様に合わせた引越しを、引越のプロ・日本通運がご提案いたします。奥様・お財布・家財・地球にやさしい引越「えころじこんぽ」や、単身者に最適な引越し「単身パック」などサービス内容充実です。引越しの見積りは日本通運へ。


お引越し:引越しのことならなんでもおまかせください
単身からご家族の引越しまで、お引越しならクロネコヤマトへおまかせください。リーズナブルな料金と豊富なサービスをご用意いたしまいした。


引越しのお見積りなら、アート引越センター
ご家族、単身、海外、オフィスの引越し。お引越しはアート引越センターで。見積は無料、インターネットでの見積お申込みで引っ越し料金を特別割引にてご奉仕!


引越しのお見積なら引っ越し専業のサカイへ。サカイ引越センターではお引越しを安心して任せていただけるよう自社研修棟で研修を受けたスタッフがお伺い致します。引っ越し専業のサカイならお見積は無料です!!


引越し業者探し、引越しのことなら【アリさんマークの引越社】
引っ越しはアリさんマークの引越社へ!家族、単身、オフィスなどの住まい変更は、引越し業者の【引越社】にお任せください。


引越しならダック引越センター。単身は15000円からのお引っ越し!
引越しならダック引越センター。無料お見積もり24時間受付中!単身15000円から。引越し手続きなど、サポートサービスも充実。


引越しは0003の[アーク引越センター]ちゃんとしたお引っ越し
お引越しや引越見積は引越業者のアーク引越センターにおまかせ。荷物を運んでほしいと思うお客様の心に、精一杯の真心で応えたい。あなたピッタリのお引越しが見つかる!!スタンダードコース,スマートコース,スペシャルコースの3つの基本コースをご紹介.

   引越しの方法

引越しが決まれば、引越しの方法を考えなければなりません。引越しには大まかに言って次の三つの方法があります。

1.すべて自分&知人の協力で行う
2.荷造りなどは自分で行い、搬送のみ業者へ
3.すべて引越し業者に依頼する

どの方法を選ぶかで、当然かなりコストも方法も異なってきます。自分に一番合った方法をよく吟味し、基本方針を早めに決めましょう。


すべて自分&知
人の協力で行う
荷造りなどは自分
で行い、搬送のみ
業者へ
すべて引越業者に依頼する
赤帽
中堅引越市業者
大手引越し業者
荷造り&梱包
荷物の搬送
引越し業者へ

家族は無理
大型家具の移動
引越し業者へ
引越後のエアコン取付・電気工事等
引越し業者へ
料金
-
右記より安くなる
安い
ふつう
高い
保証・安心感
-
-


■安く済ますには⇒自分ですべて行う
ワンルームや1DK等、一人暮らしなどで荷物もそれほど多くない場合、近場の引越しの場合などでしたら、自力での引越しも充分可能です。しかし、遠方へ引っ越す場合は、専門業者に頼んだ方が良いと思います。また、自分で下手に引越しの作業を行なっていて、今の部屋や新しく住む部屋を傷つけてしまっては、敷金の返還の際に影響を与えてしまいます。荷物は慎重に運ぶように気をつけましょう。
この場合、かかる費用は、「レンタカー代+ガソリン代+手伝ってくれた人への謝礼+諸経費」となります。状況が許すなら、安く上げるにはもってこいの方法といえるでしょう。
ただこの場合、人数が多くなるとそれだけお礼に出費がかさみ、かえって割高だった… ということも有り得ますから気をつけて。それから、「本当に自分に出来るのか?」という点を良く考えて、慎重に検討しましょう。自力でやるにはやはりそれなりの努力・労力が必要となってきます。

■安く済ますには⇒自分で出来る限り行う
引越し会社の「単身パック」や赤帽などを利用する手もあります。しかし、単身者でも高さのある家財道具(たとえば3ドアの冷蔵庫など)があると、赤帽の小さなトラックでは無理な場合が多いようです。
引越し業者に頼む場合は、引越し作業がとても楽に進みますが、それだけ費用がかかってきます。 さらに、荷造りを業者にやってもらうようなサービスを利用すると、追加の費用がかかってきます。荷造りは、事前に自分でやっておきましょう。

■安くはないけれども⇒引越し業者にお願いする
ご家族での引越しや、荷物が多い場合、引越し先が遠方の場合などですと、やはりプロに任せてしまう方が安心です。
当然のことですが、引越し会社の人は、やはりプロ。荷物の搬出・搬入などのスピードには目をみはるものがありますし、トラックやバンに上手に荷物を詰めていくだけでも、素人には難しいものです。ですから大掛かりな引越しになる場合には、少なくとも搬出から移送、搬入まではプロの手を借りた方が無難でしょう。また、万が一の場合の補償などもありますので、高価な家具や品物を任せてもそれだけ安心です。

大手の引越し業者の場合、さまざまなプランがあります。また、自分の必要としている附帯サービスを組み合わせることによって、自分に合って引越しプランに組み合わせることができます。ただし、大手の業者は宣伝やサービスが多い分、値段も割高な傾向にあります。

■引越し業者の料金を安くするには?
見積もりを、多くの業者から取ることで、値下げを要求する際に役立つ場合もあります。
ただ、引越しのピークとなる時期は、なかなか値下げが難しいこともあります。
逆に、それ以外の時期は、値下げしてくれることが多いので、多くの見積もりを取っておくと、値下げ交渉に役立つと思いますよ。

■引越し業者を選ぶポイント
とくに、引越しをするのが初めての人が、引越し業者に頼む際に、どこの業者が適切か迷うと思います。
そんな引越し初心者のために、引越し業者を選ぶポイントを紹介します。
まず、できるだけ多くの業者に見積もりを取って、それぞれの料金を比較しましょう。
ほとんどの業者が、無料で見積もりを取ってくれますし、最近では、インターネットでも簡単に見積もりができます。
ただ、引越し料金だけで選んではいけません。
接客態度やサービスの内容に不満があれば、せっかくの新生活も良いスタートが送れませんよね。
安さだけを基準にするのではなく、気持ちよく任せられる業者を選ぶことも大切です。

■引越し方法を選ぶときの注意点
大型家具の移動や、引越後の電気工事やメンテナンスなど、専門家でないと難しい部分を別々に発注すると、かえって値段がかさんでしまうこともありますので、よく検討する必要があります。
一見、割高に思える大手の引越し業者が人気なのは、依頼するときの手軽さと、値段には代えられない安心感があるからだと思います。

もし見積もりの際に、引越し業者の営業マンから、内金や手付金などを求められても、断ってください。
これはルールを守っていないので、そのような営業マンのいる業者には、頼まない方がよいです。